記事検索
 
 

2007年10月08日

イスラエルによるシリア空爆



【10月6日 AFP】9月6日にシリアを空爆したイスラエル軍の戦闘機はシリアの探知システムをかく乱しレーダー網を突破したとみられると航空専門誌「Aviation Week」が報じた。

 同誌が米軍事関係者の話として伝えたところによると、レーダー網を突破したイスラエル軍の戦闘機F15とF16は、米国が開発したSuterと呼ばれるネットワーク攻撃システムを搭載していた可能性があるという。

 このシステムは、通信網に進入し、敵側のセンサーが感知している内容を知ることができる上、システム管理者としてセンサーが接近中の飛行機を感知しないよう操作することができる。

 2日、イスラエル軍は初めてシリア空爆を認めた。米英メディアではイスラエル戦闘機が空爆したのは核関連施設だと伝えている。この核関連施設には北朝鮮の専門家の関与が疑われている。(c)AFP
posted by 平和党代表・大坂佳巨 at 17:08| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | イスラエルvsアラブ諸国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。