記事検索
 
 

2007年12月30日

リンク

posted by 平和党代表・大坂佳巨 at 20:01| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(10) | 組織 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月24日

平和党の党史 1



今から五年前、とある市議会補欠選挙が行われた。候補者は25歳と若く、まさに現状を打破するにはもってこいの年齢であり、またそれを支援する大学時代の同窓生、そしてその後輩と、若さあふれる選挙がなされた。

だが、問題は中身である。私にとって、その政策の中身は旧態依然としたものと感じた。

●民間企業・NPOの活性化
●福祉の充実
●パパクォーター制の導入
●環境重視・自然エネルギーの推進

いずれもどこかで聞いたものであり、つまらぬものである。
こんなことが実現されて、物事が解決するのであれば話は簡単だ。
彼らは中道左派思考であるが、私はそれを保守中道へもって来るべきだなどという既存の意見ではない。

この五年前の時点で、自然主義経済のある程度の骨子は私の中にすでにできていた。
彼ら大学生は、いずれも政治に関心があり、社会科学には秀でた人々である。
それではどんなふうにすれば我々は新しくなれるのか、どんなふうにすれば解決への糸口が見つけられるのかと聞いてきたので、延々と自然主義経済について述べたことがある。

彼らはいずれも暫く沈黙して考えつづけていた。

結局、出した答えは、「それは無理でしょう」ということだった。
そして彼らは自然主義経済が不可能であることについて、抽象的ではあるが述べていた。しかし、それは明確に論破できるような筋道だった内容ではなく、そんなものは今までになかったから、ただなんとなく不可能でしょうぐらいの話である。

ようするに無茶しない若者が多くなってきているということだ。

それから一年経って、島津真尚氏と知り合った。
彼は自民党練馬区議会議員であったが、当時の岩波三郎区長の利権政治、豪華庁舎建設に反旗を翻し下野した。練馬区長選挙に出馬して僅差まで迫ったが落選。その四年後に再び挑むがまたもや敗北し、豪華庁舎は建てられるにいたった。そして政治の世界から幕引きをした。

この一連の出来事について私は知っているが、私が練馬での政界に入ったのと入れ違いだったので、この日まで一度も交流がなかった。会うきっかけも、議員や運動家の紹介とかではなくて、不動産業者とアパートの貸主という関係であった。

それで私は、減価する通貨制度について彼に説明をした。これで政党を作りたいと。利権政治であろうと、そこから解放された自由経済であろうと、貨幣の本質を変えない限りは問題は解決しないだろうとファミレスで演説をぶった。外交・軍事で起きてくる問題もここに起因すると延々と語った。

最初のうちはこの政策内容についてやはり首をかしげていたようだが、初日はそれでとりあえず終わった。

世の中のほとんどの問題は、お金に原因があるということは、感じている人も確かに多い。しかし、その改革方法として、減価通貨制度であると言われると、どうしても疑ってしまうのが世の常だ。

日を改めて、再度会談し、この政策で結党することが約束された。減価する通貨制度は、島津氏によって「自然主義経済」と命名されたが、党名決定までには一年を要する。

そして「平和党」として名付けられたその日に、平和党結党に参加した別のメンバーが、ある集会に私を誘った。その集会は二つ。

一つは、外務省を辞任したばかりの天木直人氏による何かの会である。この当時、天木氏は右の者だか左の者だかを私は知らなかった。その会の内容も実に不明確であった。だが、政治活動をしてきたこれまでの直感で反戦平和運動くささを感じ取ったためにこれは断った。

そして、もう一つは飯田橋の女性センターで行われるものだが、これもなんだかわからぬが、これを誘ったメンバーというのは、私と一緒に沖縄県名護市の海上ヘリポート基地建設の住民投票運動をした仲間である。彼は断然に左派側にいつもついている人間であるため、この女性センターでの集まりも、ある程度の決まりきったことを言うだろうということが予測された。だが、付き合いで行ってみることにした。

しかし、そこで語られた内容というのは、既存の反戦平和運動や憲法9条を守ろうなどというものではなかった。
要するに、戦争の要因とは、「善悪中毒」にあるというわけだ。講師は東郷潤という人だった。善悪中毒についての著書を出している。



つづく(ただし気が向いたら)

善悪中毒
善悪中毒
posted with amazlet on 07.07.24
東郷 潤 びごー じょうじ
リベルタ出版 (2004/05)
売り上げランキング: 111834
おすすめ度の平均: 5.0
5 たぶん貴方も軽〜く善悪中毒?

posted by 平和党代表・大坂佳巨 at 04:03| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 組織 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月16日

民主党へのリンク集

  サイト: 民主党 別ウィンドウで表示 -
 
サイト: 民主党北海道 別ウィンドウで表示
サイト: 民主党青森県総支部連合会 別ウィンドウで表示
サイト: 民主党岩手県総支部連合会 別ウィンドウで表示
サイト: 民主党宮城県総支部連合会(民主党宮城県連) 別ウィンドウで表示
サイト: 民主党秋田県連
サイト: 民主党山形県総支部連合会 別ウィンドウで表示
サイト: 民主党福島県総支部連合会 別ウィンドウで表示
サイト: 民主党茨城県総支部連合会 別ウィンドウで表示
サイト: 民主党栃木県総支部連合会 別ウィンドウで表示
サイト: 民主党群馬県総支部連合会 別ウィンドウで表示
サイト: 民主党埼玉県総支部連合会 別ウィンドウで表示
サイト: 民主党千葉県総支部連合会 別ウィンドウで表示
サイト: 民主党東京都総支部連合会 別ウィンドウで表示
サイト: 民主党神奈川県連メインページ 別ウィンドウで表示
サイト: 民主党新潟県総支部連合会 別ウィンドウで表示
サイト: 民主党 富山 別ウィンドウで表示
サイト: 民主党石川県総支部連合会 別ウィンドウで表示
サイト: 民主党福井県総支部連合会 別ウィンドウで表示
サイト: 民主党山梨県連合 別ウィンドウで表示
サイト: 民主党長野県総支部連合会 別ウィンドウで表示
サイト: 民主党岐阜県総支部連合会 別ウィンドウで表示
サイト: 民主党静岡県総支部連合会 別ウィンドウで表示
サイト: 民主党愛知県総支部連合会 別ウィンドウで表示
サイト: 民主党三重県総支部連合会 別ウィンドウで表示
サイト: 民主党滋賀県総支部連合会ホームページ 別ウィンドウで表示
サイト: 民主党京都府総支部連合会ホームページ 別ウィンドウで表示
サイト: 民主党大阪府総支部連合会 別ウィンドウで表示
サイト: 民主党兵庫県総支部連合会 別ウィンドウで表示
サイト: 民主党大阪府連へようこそ 別ウィンドウで表示
サイト: 民主党兵庫県総支部連合会ホームページ 別ウィンドウで表示
サイト: 民主党・奈良県総支部連合会 - ニュース 別ウィンドウで表示
サイト: 民主党和歌山県連
サイト: 民主党鳥取県総支部連合会 別ウィンドウで表示
サイト: 民主党島根県連
サイト: 民主党岡山県総支部連合会 別ウィンドウで表示
サイト: 民主党広島県総支部連合会 別ウィンドウで表示
サイト: 民主党山口県総支部連合会 別ウィンドウで表示
サイト: 民主党徳島県連ホームページ 別ウィンドウで表示
サイト: 民主党香川県総支部連合会 別ウィンドウで表示
サイト: 民主党愛媛県連TOP PAGE 別ウィンドウで表示
サイト: 民主党高知県総支部連合会 別ウィンドウで表示
サイト: 民主党福岡県総支部連合会 別ウィンドウで表示
サイト: 民主党佐賀県連
サイト: 民主党長崎県連 別ウィンドウで表示
サイト: 民主党 熊本県総支部連合会ホームページ 別ウィンドウで表示
サイト: 民主党大分県総支部連合会 別ウィンドウで表示
サイト: 民主党宮崎県連
サイト: 民主党 鹿児島県総支部連合会 別ウィンドウで表示
サイト: 民主党沖縄県総支部連合会 別ウィンドウで表示
http://heiwatou.com
 
posted by 平和党代表・大坂佳巨 at 08:31| 沖縄 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 組織 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自民党へのリンク集

サイト: 自由民主党 別ウィンドウで表示  
サイト: 自由民主党北海道支部連合会 別ウィンドウで表示
サイト: 自由民主党青森県支部連合会 別ウィンドウで表示
サイト: 自民党岩手県支部連合会 別ウィンドウで表示 -
サイト: 自由民主党宮城県支部連合会 別ウィンドウで表示
サイト: 自由民主党秋田県支部連合会
サイト: 自由民主党山形県支部連合会 別ウィンドウで表示
サイト: 自由民主党 福島県支部連合会 別ウィンドウで表示
サイト: 自由民主党茨城県連
サイト: とちぎ自民党 栃木県支部連合会 別ウィンドウで表示
サイト: 自由民主党群馬県支部連合会 別ウィンドウで表示
サイト: 自由民主党埼玉県支部連合会 別ウィンドウで表示
サイト: 自由民主党千葉県支部連合会 別ウィンドウで表示
      自由民主党東金市支部 別ウィンドウで表示
サイト: TOKYO自民党 別ウィンドウで表示
      しながわ自民党 別ウィンドウで表示
サイト: かながわ自民党 別ウィンドウで表示

サイト: 自由民主党 新潟県支部連合会 別ウィンドウで表示
      自由民主党新潟支部 別ウィンドウで表示
サイト: 自由民主党新潟県支部連合会
サイト: 自由民主党富山県支部連合会 別ウィンドウで表示
サイト: 自由民主党石川県支部連合会 別ウィンドウで表示
サイト: 自由民主党福井県支部連合会 別ウィンドウで表示
サイト: 自由民主党山梨県支部連合会 別ウィンドウで表示
サイト: 自由民主党長野県支部連合会 別ウィンドウで表示
サイト: 自由民主党岐阜県支部連合会 別ウィンドウで表示
サイト: 自由民主党静岡県支部連合会 別ウィンドウで表示
サイト: 自由民主党愛知県支部連合会 別ウィンドウで表示
      自由民主党愛知県支部連合会青年部 別ウィンドウで表示
サイト: 自由民主党三重県支部連合会 別ウィンドウで表示
サイト: 自由民主党滋賀県支部連合会 別ウィンドウで表示
サイト: 自由民主党京都府支部連合会 別ウィンドウで表示
サイト: 自由民主党大阪府支部連合会 別ウィンドウで表示
      自由民主党大阪府議会議員団 別ウィンドウで表示
      自由民主党大阪市会議員団 別ウィンドウで表示
      東大阪自民党議員団 別ウィンドウで表示
      自由民主党泉佐野支部 別ウィンドウで表示
サイト: 自由民主党兵庫県支部連合会 別ウィンドウで表示
     自由民主党神戸市会議員団 別ウィンドウで表示
サイト: 自由民主党奈良県連
サイト: 自由民主党和歌山県連
      和歌山県自由民主党県議団 別ウィンドウで表示
サイト: 自由民主党鳥取県支部連合会 別ウィンドウで表示 サイト: 自由民主党島根県支部連合会 別ウィンドウで表示
     自由民主党島根県議会議員連盟 別ウィンドウで表示
サイト: 岡山を育む 自由民主党岡山県支部連合会 別ウィンドウで表示
サイト: 自由民主党広島県議会議員会 別ウィンドウで表示
サイト: 自由民主党山口県支部 別ウィンドウで表示
サイト: 自由民主党徳島県支部連合会 別ウィンドウで表示
サイト: 自由民主党香川県支部連合会 別ウィンドウで表示
サイト: 自由民主党愛媛県支部連合会 別ウィンドウで表示
サイト: 自由民主党高知県支部連合会 別ウィンドウで表示
サイト: 自由民主党福岡県連
       自由民主党福岡市議団 別ウィンドウで表示 -
サイト: 自由民主党佐賀県支部連合会 別ウィンドウで表示
サイト: 自由民主党長崎県支部連合会 別ウィンドウで表示
サイト: 自由民主党熊本県支部連合会 別ウィンドウで表示
サイト: 自由民主党大分県支部連合会 別ウィンドウで表示
サイト: 自由民主党宮崎県連
サイト: 自由民主党鹿児島県連
  自由民主党鹿児島県議会議員団 別ウィンドウで表示
サイト: 自由民主党沖縄県支部連合会 別ウィンドウで表示
 
http://heiwatou.com
 

posted by 平和党代表・大坂佳巨 at 07:13| 沖縄 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 組織 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月12日

本当に改革できるのは非政治の人

これは政治家に限らずとも、「政治に詳しければ詳しいほど」常識の呪縛に陥っている方々は多いものです。

これまで、「今までの政治を覆す」「出る杭になる」「改革」などという言葉は、

政界においてはAだったものを−Aにする。あるいは、−BだったものをBにするという、

一つの数直線では同じ議論をしてきているのです。
 
 

具体的にいうと、

「戦後教育はだめだ」から「戦前の道徳教育にしよう」とか、

「中国・韓国・北朝鮮に腰が低すぎてきた」だから「靖国神社は参拝するのが当然」とか、

「日本は弱腰外交」だから「ハッキリと権利を主張する外交」とか、

「利権政治の弊害があった」から「競争原理主義でいこう」とか、

「中選挙区制度で政治腐敗になった」から「政権交代の小選挙区にしよう」とか、

とかく、逆をやれば改革であると思い込んでいます。

ここに政治の限界があると思うのです。

つまり、考えがあまりにも浅いために、同じ数直線でしか考えられない。

ちなみに、平和党は上記の政治指針・方向内容については、そのどちらが善でどちらが悪ということではありません。

  

私はここに、政治家及びそれに関わる運動家の人々の貧困性を、身にしみて感じるのです。

「逆をやるのは改革ではない」とするのなら、こういう人たちは「ではその中道?」と考えてしまう。

ここにも頭の中身がまさに、「既存の尺度」内でしか考えられない政治の限界があると思うのです。

  

つまりは、左脳でしか考えられない人々が多くなったのではないかと思います。

これからの政治は、今までの打破をしていかなければなりませんから、大いに右脳が発達した人でないと良い方向にはいかないでしょう。もともと左脳の人々が政治の中で活躍する場所というのは、「官僚機構」です。「前例踏襲主義による弊害」とは、よく言いますが、歴史の中では、官僚機構は平時においては、非常に良く機能するのです。

  

それが、今、社会問題を見てわかるようにいろいろと変革せざるを得なくなってしまったので、機能不全に陥っているだけです。

しからば、行政をコントロールする政治が右脳で動けばいいのですが、彼らもまた左脳で動いているために、新たなものが出てこないのです。

  

そして既存の枠組みで考える事が政治だと、思っているうちは、右脳思考者が出て来れません。

平和党が、受け入れられないのも、こうした左脳思考者による既存の常識というものが大いに邪魔をしているのです。

例えば、「中央集権の弊害があるから地方分権に」と、こういう理屈はわかりやすいけれども、

安倍内閣でなされようとしている地方分権は必ず失敗します。

今の常識の土台で考えているからです。

お金というものは強いところに集まるがゆえに、資本主義を永続させる以上、地方分権はしにくいのです。和歌山県や福島県でおきた汚職事件は、お金というものは強いところに集まるがゆえに起きています。

ここの常識の土台を崩さない限りは不可能です。

  

平和党の提唱することでなにが受け入れられないかというと、今までにない外交路線もそうですが、一番はやはり「自然主義経済」です。

お金を持っていると減価していくので、当然国際社会ではつまはじきに遭うだろうと皆が予測してしまいます。

実は、つまはじきにはならないのですが、あるいはなったとしても工夫はされているのですが、まずは、こうしたことをわかろうとはしないのは、今までいろいろと学んだ知恵というものが邪魔してしまい、とにかく拒否するところから始まります。

  

ですから、政治の限界とは、政治に携わってきた人々の限界でもあるので、私はこうした人々は後回しにして、

むしろ、もっと柔軟な発想を持っている人々が、この改革に参加してくると思っており、現にその流れはできています。

昨日は、愛媛県のある中堅規模の会社役員の方々が上京してこられて、自然主義経済をひろめたいと言って来ました。

また、政治・経済を専門外にしている都内の大学生の方々にも支持され、勉強会にも招かれました。

  
私は、こうした革命的な改革というのは、つねにその時代の主流にいない人々、明治維新であれば足軽の息子であるとか、そうした非エリートこそがそのメンバーになるのではと感じた一日でした。
posted by 平和党代表・大坂佳巨 at 03:12| 福島 ☔| Comment(3) | TrackBack(0) | 組織 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。