記事検索
 
 

2007年09月05日

金と常識に支配された知事

■堂本暁子のDV施策最前線


ネット上での批評を見る限りにおいて、堂本暁子千葉県知事に対して「左翼ババア」とののしる声が多いようだが、果たして本当にそうだろうかとの疑問も私はよく持ちます。たしかに過激なジェンダーフリー政策については多くの疑問の声が上がっているが、一般の県民はそこに目を向けようとはしていません。というか、これをあまりにも知らない千葉県民が多すぎる。

ただ、いずれにしても、知事は何かに動かされているのではないかとも勘ぐりたくなります。

堂本氏は参議院議員時代、そもそもは土井たか子社会党委員長に誘われて比例代表で初当選をおさめました。

それ以前はTBSディレクターで、無認可保育所のずさんな経営や虐待について取り組んでいたと記憶しています。

国会議員の以後、保守政党の新党さきがけに移籍したのも、さほどの左がかった人ではなかったからでしょう。与党にいたいだけなら、社会党からさきがけへの移動は無意味といってもいい。そのあと、さきがけ議員が大量脱党し、民主党ができたおかげで、さきがけの議員団座長となり与党党首として、橋本龍太郎自民党総裁、土井たか子社民党党首と肩を並べるにいたった。

たしか、十年前にさきがけ塾の勉強会の後、赤坂の近くの飲み屋でみんなが集まって、堂本議員には参議院議員会館に、フリーで入れるようにしてもらいましたが、他にもルートがあったので、結局一度も行くことはありませんでした。政治はオープンにあるべしとする政治家は、利権政治を打破する場合に必ず出てくる登場人物です。

守銭奴政治体制を破壊する、利権政治を打破する場合、このような「開かれた地方自治」「特定の業界団体に対しての利権」に立ち向かっていくタイプの政治家は、利権政治の末期に必ず支持されます。

しかしながら、彼らはいずれもアイデンティティが利権政治の破壊そのものに主眼をおいているがために、そのうち支持されくなるか、あるいはその守銭奴の手先、役人の言いなりになっていきます。青島幸男前東京都知事の場合はまさにそれでありました。田中康夫前長野県知事も役人の言いなりにはなっていないがそのほかの面ではこのバターンです。浅野史郎前宮城県知事もこのタイプに属するでしょう

この人たちの共通性というのは、結局守銭奴勢力に操作されるということです。つまり、いったんは利権政治を破壊するものの、システムとして市場が自動的にそれを選択するような施しをしていないのが原因です。それに現在では、国政において弱肉強食の市場競争、公共事業の削減などを行っているために、知事のレベルでわざわざやらなくても、業界団体と自治体との癒着が次第に薄れていっているということもあります。

したがって堂本知事の場合、あれほどのジェンダー政策をしてしまうのも、利権政治回帰と思われるようなことをしてしまうのも、環境問題において後ろ向きになっていったのも、知事自身が県をコントロールできていないというのがあると思います。

利権政治を破壊しようというだけの政治家は、当初は順調だが、トップに立った時に行政の操作能力を失います。反乱するだけでの勝手連的な運動、市民運動というのは、統治能力に欠けていることが多くあります。なぜならば、彼らは統率ということについて関心がないからであり、組織力などについて嫌悪の念を抱いているからです。その性格が結局、かつての利権集団や慣例踏襲集団に飲み込まれる結果となります。宮崎県の東国原英夫知事の場合もそのように推移していくでしょう。

ようするにイデオロギーを持っていないことに原因があります。利権政治において潤う企業・政治家などは、富を増殖させるという発展的イデオロギーを持っています。前例踏襲に従う官僚集団は、法や条例、これまで認められている常識というものを守り抜くことが正義であり、それが国や自治体の安定をもたらすという発展的イデオロギーを持っています。

だが、反乱型で生まれた政治家というのは、そういう悪なる利権政治の部分に対しての単なるアンチテーゼしか持っていないために、そのうちに飲み込まれるというのが通常です。こういうところに彼らの自称する改革が途絶える理由があります。たとえば九州の宮崎県知事の場合、県の生産物を県外の人に買ってもらうことにおいて財政を立て直すことができるとしていますが、これは利権政治の別の形、経済優先主義の他の方法を用いているにすぎず、そのような経済の面においては、やはり旧来型のなあなあ利権政治こそが、まだよかったのではないかとそのうちに思うようになってしまいます。

利権政治時代の地方は、外産内消です。つまり、外からの中央からの利権配分を県内で消費し経済的に潤わせるということです。
この利権政治を破壊しようとしてさっそうと登場してきた知事たちは、内産外消をめざそうとしますが、いずれも失敗します。貨幣の性質を知らないためです。資本主義や社会主義というのはどこまでいっても、中央政府が強く、大企業が強くなります。貨幣の性質を改革せずに、地方主権は生まれません。

東国原知事の方法は、資本主義の競争の中で、宮崎県だけを勝たせれば良いという方法です。しかし、資本主義である限り、絶対に東京にはかなわないでしょう。でも、宮崎県の生活水準が高まればいいというのであれば、どこかの別の県にしわ寄せが来るだけで終わります。

堂本知事は、「千産千消」を掲げています。しかし、やっていることはそれに沿っていません。やはり貨幣依存社会に屈服せざるを得ない面があります。

たとえば、東京の羽田空港を国際空港にすることに反対しています。千葉の成田空港の仕事が減るからです。本当に千産千消だというのであれば、成田市周辺の第一次産業に力を注ぐべきなのです。それをしないのは、成田市周辺は農村が広がっているにもかかわらず、成田市のみ資本的に潤っているからです。近辺の銚子市や香取市に比べて、成田市に所在する空港関連の事業者の人件費は高めになっています。その理由は、日本全国の円や、海外からのドルが動いているからであり、地産地消とは程遠いものになっています。

■253系 成田エクスプレスデザインNo.1パンツ


どうして彼ら、反乱型政治家が思うようにうまくいかないかといえば、彼らのアイデンティティが必ず限界に達し、他の政治勢力にのっとられるからです。だから、堂本知事の場合、参議院議員時代に掲げている政策、たとえば環境問題などもそうですが、思うとおりに運ばないわけです。ジェンダー政策についても、議員時代にそれほど過激だったとは思えませんが、己の特徴を出すためにやっているのか、誰かに言われてそうしたのか、わかりませんが、とにかく市民運動的告発的政治家は、統治機構をコントロールできなくなるというのは間違いないと思います。少なくとも、沼田前県政は利権政治が横行したことによって、堂本氏に政権交代がなされたのであって、その主力も千葉県内の勝手連運動がさかんになって当選したことです。しかし、このときに支援した人たちは、彼女の政策をみてか、離れていっている人は実に多いと思います。それは二年前の知事選挙で新人の森田健作氏に僅差まで迫られたことをみれば明らかです。

もう一つの彼ら反乱型政治家の特徴は、治安や軍事に対して無関心であるということです。武力的なものについて嫌います。民を脅かす自然災害や、人災に対して立ち向かおうとするよりは、放置してしまうあるいは他の政策を優先してしまう傾向にあります。

彼らの関心事は、こうしたものよりも人権擁護や、財源裏付けのない福祉政策・環境政策などだからです。社会党委員長が首相であった、村山内閣時代に起きた阪神淡路大震災、オウム事件などをみれば、こうした危機管理に対しての認識不足があげられます。

千葉県では硫酸ピッチの廃棄量が日本一です。治安が全国で最も悪いと言われるのも千葉県です。これは埼玉・東京・神奈川の各知事が、警察力の強化、治安政策に注力しているため、千葉に悪いものが流れて行っているからです。

森田健作氏が言っていましたが、「埼玉・東京・神奈川は警察力が強いから千葉県で仕事しようと首都圏の泥棒が言っている」と冗談めかしておりましたが、これはある意味では真実です。
切り裂き・置き引き・スリを防ぐ安心商品



硫酸ピッチを捨てに行くのにも、千葉県が最も適している、「ゆるい」と悪徳業者が判断しているからです。

ようするにこういう政治家を知事にしておくと、なめられるということです。

こういう人たちは、災害時に自衛隊に対しての発動権限をもっているわけですが、いざとなると「ウーン」と躊躇してしまう。

反乱型知事が敗北して、今では政権交代の起きている宮城県と長野県の例を見てみると、村井嘉浩宮城県知事は、私の嫌いな松下政経塾の出身ですが、防衛大学校を出て陸上自衛隊東北方面航空隊勤務から宮城県議を経て知事になっています。こうした経歴を見るに、災害時の自衛隊出動は浅野前知事と違って、即時に判断するでしょう。

また田中康夫氏にとってかわった村井仁長野県知事も、国家公安委員長、防災対策担当大臣、食品安全担当大臣などを歴任していることから、そしてまた代議士になる以前は、通産省では工業技術院におりましたので、自然に対してどう立ち向かっていくかという意識があるでしょう。

経済の充実をなす政治家が現れたあとは、これらの腐敗を叩く政治家が現れ、そして次に安全を重視する政治家が好まれるということが繰り返されるのだと思います。

ちなみに平成19年5月までの人口10万人当たり犯罪発生状況では、

1位 大阪府
2位 愛知県
3位 京都府
4位 兵庫県
5位 福岡県
6位 埼玉県
7位 東京都
8位 千葉県
posted by 平和党代表・大坂佳巨 at 15:07| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 関東 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月03日

九十九里町の硫酸ピッチ放置問題

九十九里町の旧水産加工会社で放置されている硫酸ピッチ問題。







昨日、九十九里町長選挙の投票日ということもあってこの記事をとりあげます。

以下、平和党賛助党員の方の知恵を引用拝借しましてここに訴えます。




硫酸ピッチについては、『廃棄物処理法』の改定後に以下のような通達が環境省から出ています。

【 硫酸ピッチの不適正処分等の防止について 】




不法投棄等された状態で硫酸ピッチが発見された場合には、その実行者だけではなく、排出事業者等の関係者の把握に努め、速やかに措置命令を発出する等、生活環境保全上の支障が生じることのないよう、万全を期されたい。この場合、廃棄物処理法第一九条の九に規定する適正処理推進センター(財団法人産業廃棄物処理事業振興財団)による協力を求めることができるが、もとより行為者、関係者に対する対応の徹底が肝要である。さらに、硫酸ピッチの無害化処理の施設が必ずしも多くないことから、廃棄物処理センターの活用等についても併せて検討されたい。




まず以上ことを行政や関係当局がまともに理解し、キチンと対応しているのか主張することが第一の焦点になると思います。




また、県はとりあえずドラム缶からフレコンバッグに移して、中和したとのことですが、硫酸を中和しても廃油成分に含まれる多環芳香族(PAH)等の有害物質は残っているでしょうから、これは『無害化』とは呼べません(確かに放置すればドラム缶が腐食してしまいますけど、中和してフレコンに移せばそれでOKではないということ)。




とくに気になることは、硫酸ピッチを入れたフレコンバッグにきちんと気密性があるかどうかです。中和した硫酸ピッチからは、熱やガスが発生するはずです。




私は夏の暑い日に瀬戸氏とともに現場を視察しましたが、異臭はいまだに残存しており、顔を近づけるとクラクラします。






フレコンバッグに気密性がなければ、PAH含む揮発性の有害成分も気化し、周辺環境に拡散します。雨水等にあたれば河川等に流出する可能性もあります。気密性のないバッグで中和物を包んで放置しているとしたらそれ自体が問題ですなのです。中和すれば、硫化水素ガスの発生が抑えられ、「におい」は減るかもしれませんが、決して他の有害成分(PAH・揮発性有機成分)が消えてなくなるわけではありません。




現状では、フレコンバッグはふたがされておらず、気密性どころの問題ではありません。ただ詰め込んであるだけで、むき出しになっています。








ですから第二の焦点としては、以上の点を確認し、問題があれば早期に廃棄物処理法に基づいて最終処理に回すことを住民は強く県に要求すべきです。




県によれば、ドラム缶には硫酸ピッチが付着しているので危険であるから処分したと言っています。




瀬戸さんが言うには、「中和して、フレコンパックに入れたものは無害化できているのに、ドラム缶が有害というのはおかしいじゃないか」というわけです。




県が『無害化』という言葉を使っているとしたら、それは大きな欺瞞です。先に言ったように硫酸ピッチを中和するだけでは、有害物質を取り除いたことにはなりません。フレコンバッグの気密性がなければPAHや揮発性有機成分等がその後も気化・漏出する可能性があります。




さらにドラム缶の処分理由は全くもってナンセンスです。ドラム缶についた硫酸ピッチに中和剤をつけて、その後に軽油や洗剤等で洗い流せば済むことです(洗浄液自体は硫酸ピッチと同様に扱い、最終的に高温処理に回します)。きちんと洗浄すればドラム缶自体は無害です。当然証拠として保管・活用す

べきものです。なぜこうしたことを県は始めの処理業者に依頼しなかったのか?




(作業および汚染洗浄液の発生による処理費用増加を避けた?)いずれにしてもこの部分には県側の重大な判断ミス(あるいは薄暗い意図)があったと感じます。




よって、第三の焦点は、ドラム缶をどのように処分したのか、なぜ証拠として確保することを考えなかったのか、県側の判断ミスや法律上の問題がなかったか、先の廃棄物処理法に基づく通達内容の確認と共に詳しく問いただすことが必要になります。







昨日開票された九十九里町長選挙開票結果
候補者名     得票数
川 島 伸 也 6,043当選
浅 岡 信 典 5,242





町議会選挙開票結果


候補者名 得票数
善 塔 道 代 916
谷 川 優 子 897
高 橋 恭 治 843.893
大 矢 吉 明 738
鈴 木 征四郎 725
古 川 定 雄 721.118
石 橋 和 雄 702
篠 崎 虎 男 701
古 川 徹 夫 634.744
佐久間 一 夫 607
高 橋   功 606.106
小 高 英 明 580
斉 藤 討支男 547
細 田 一 男 534
古 川   明 494.136
飯 嶋   桂 486

以上当選
長谷川   清 436
posted by 平和党代表・大坂佳巨 at 08:28| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 関東 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。