記事検索
 
 

2007年10月08日

ケミカル・アリ死刑延期



【10月5日 AFP】イラク政府は4日、故サダム・フセイン元大統領のいとこで側近だった「ケミカル・アリ(Chemical Ali)」こと、アリ・ハッサン・アルマジド(Ali Hassan al-Majid)元国防相の死刑執行を延期すると発表した。

 アルマジド元国防相は、1988年のクルド人虐殺事件(アンファル作戦)に関与したとして死刑判決が下されており、同日中にも処刑される予定だった。

 政府高官はAFPに対し、期限内の処刑は「絶対にない」と断言。匿名を条件に「イラク政府は決断できておらず、首相はわれわれに許可を出していない」と述べた。

 アルマジド元国防相は、1991年の「シーア(Shiite)派蜂起弾圧」における住民虐殺でも起訴されている。同事件では、米軍主体の多国籍軍により、侵攻していたクウェートからイラク軍が敗走を余儀なくされた1991年の第1次湾岸戦争直後、南部で蜂起したシーア派住民のうち最高10万人が、イラク軍治安部隊に虐殺されたが、アルマジド元国防相は、蜂起したシーア派住民を25人ずつまとめて処刑するよう命じたとされる。

「ケミカル・アリ」というあだ名は、クルド人虐殺の際、アルマジド元国防相が毒ガスの使用を命じたことから付けられた。この事件ではクルド人約18万2000人が殺害された。

 また、同事件ではSultan Hashim al-Tai元国防相とHussein Rashid al-Tikriti元軍副司令官も死刑判決を受け、刑の執行を待っている。

 イラク政府は、イスラム教の断食月「ラマダン(Ramadan)」中の死刑執行は避けたいとしており、ヌーリ・マリキ(Nuri al-Maliki)首相も弁護団と協議していると明らかにした。(c)AFP/Andrew Gully
posted by 平和党代表・大坂佳巨 at 17:10| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | イラクvs米国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イラクの孤児



【10月8日 AFP】イラクの宗派対立で親を失った数百人の孤児たちに5日、イラク政府がプレゼントを贈った。(c)AFP
posted by 平和党代表・大坂佳巨 at 17:01| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | イラクvs米国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イラクで民間人の犠牲者



【10月7日 AFP】イラク駐留米軍が首都バグダッド(Baghdad)北方のJayzaniで5日に行った2度にわたる空爆により民間人の犠牲者が出たとされる問題で6日、地元自警団が国際テロ組織アルカイダ(Al-Qaeda)のメンバーと誤って地上作戦遂行中の米軍を攻撃してしまったことが原因だった可能性が出てきた。地元警察当局者らがAFPに対し語った。

 目撃者によると、地元自警団が現地で作戦を展開していた駐留米軍をアルカイダのメンバーと誤って攻撃し、銃撃戦に発展、空爆に至ったという。

 事件当日、駐留米軍はイランと関係があるとされる武装勢力メンバーの拘束を目的に現地で作戦を展開していた。

 駐留米軍による空爆で、女性や子どもなど民間人を含む25人の犠牲者が出たと政府当局者は伝えているが、一方の米軍当局は、民間人の犠牲者は出ていないとしている。(c)AFP/Mohammed Ameer
ラベル:イラク
posted by 平和党代表・大坂佳巨 at 17:01| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | イラクvs米国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。